キャッシング審査通らない 審査が緩い

キャッシング審査通らない

カードローンで審査に通らない。
キャッシングしたい時にお金が借りられない。
これではせっかくお金が借りれる良い機会を失ってしまうというものですよね。

信用情報に問題があってお金が借りれない場合もあれば事故情報は無いけれど。年収の1/3以上借り入れをしているからお金が借りれないなんて場合もあると思います。

他にも他社借入などかあればそれによって返済トラブル。他社延滞とかでお金が借りれない場合だって考えられるでしょう。

どちらにせよ審査に通らない人はどんなに頑張って申し込みしてもお金が借りれないので。こんな場合は消費者金融でお金を借りない方が良いでしょう。

もしも年収の1/3以上の借り入れがしたい場合は銀行カードローンであれば対応してくれる事だと思います・
とは言えどこれが債務整理後とかでお金が借りれない属性の場合であれば審査にどうやっても通らないという事を覚えておいて下さい。

しかしそう言ったものの大手の金融以外であれば割とキャッシング審査に通らないと思っている人でもお金が借りれるケースが多いですので、債務整理後の人は債務整理対応の金融会社で申し込みしてみれば事故情報があってもお金が借りれると思いました。

クレジットカードや大手のカードローンの審査ではほとんど通らない人でも債務整理などでも対応してくれる金融会社で申し込みしておけば、通常ならば認められない人でもお金が借りられない人でも審査に通る人も多かったりしました。

キャッシング審査に通らないと思ったりカードローンで10万円借りたいと申込してもあっさり審査で通らないなんて時は債務整理でもお金が借りれる金融会社で借入するように変更してみて下さい。

審査が甘くすぐに融資が受けられやすいですので、後は自身の収入がそれなりに安定しており返済出来る状況であればわりと訳ありの人でもキャッシング出来る可能性は高くなるでしょう。

ただ消費者金融の借り入れでよく忘れ勝ちなのが総量規制となります。
ブラックでもお金が借りれる債務整理対応の金融会社と言っても結局は消費者金融ですので、総量規制が絶対にありますから年収の1/3までしか融資が受けられないという事を意識しておくと良いでしょう。

これがオーバーしていればどんなに審査が甘く融資可決が貰えると判断されてもお金が借りれない結果となるので気をつけましょう。

割とこういう点を知らない人がお金を借りれなかったというケースもあるので、こんな総量規制が原因でせっかくの甘い融資もお流れになるなんて事がどうかありませんように・・・。



キャッシング審査が通らないの関連記事

 

  1. キャッシングの申し込みで見られている信用情報の中身
  2. キャッシングの審査で見られる属性スコアリングとは
  3. キャッシング利用経験がない方が審査に有利はウソ!
  4. キャッシングの事故情報って何?
  5. キャッシングの審査に通らないことを防ぐために自分でできること

キャッシングの申し込みで見られている信用情報の中身

カードローンや消費者金融、キャッシングに申し込みをしたとき、相手の金融機関側はあなたにお金を融資してもきちんと返済してくれる人なのかどうかが気になります。そのため、誰が申し込んだ場合でも必ず行われるのが審査です。審査では、信用情報というものが照会されます。キャッシングを利用しようとして審査に通らないとしたら、申し込みフォームで入力したあなたの個人情報と信用情報の内容から、金融機関が貸し付けが難しいと判断したことになります。

 

キャッシングに申し込みをして審査に通らなかった場合、クレジットカード会社や消費者金融会社などがその理由を教えてくれることはありません。理由がわからなければ改善するのは難しいですよね。そもそも申し込みを受けた金融機関が信用情報機関で照会をしている内容となどんなものなのでしょう。

 

まずは、個人情報です。申し込み者の氏名・住所・電話番号・性別・生年月日・職場の社名などが書かれています。現在利用中のクレジットカードや自動車ローン、住宅ローン、奨学金、携帯電話の割賦払いなどがあれば、その返済状況な契約内容も信用情報で閲覧できます。

 

金融事故情報も信用情報ですぐにバレてしまいますので、申し込み時に申告する個人情報では間違った内容を伝えないようにしましょう。金融事故情報とは、クレジットカードや各種ローンなどの返済が守られていない場合に載ってしまうものです。例えば、毎月の支払期日に返済されておらず、2〜3カ月を上回るような長期的な遅延があると、事故情報としてみなされ信用情報に含まれてしまいます。支払いをすることが困難になり債務整理をした場合にも、そのように処理したことが信用情報に入れられてしまいます。

 

消費者金融やカードローン会社が審査で信用情報を確認するとき、これまでに金融事故を出していないか、他社から融資を受けていないか、他社から借り入れ中の場合は返済が毎月守られているかなどを見ていることがわかります。審査通らないときは、信用情報のこれらの内容に引っかかった可能性を振り返ってみてください。改められる部分は改善めていくことによって、次回こそは審査に通って融資を受けられる可能性が高まるでしょう。

 

 

キャッシングの審査で見られる属性スコアリングとは

キャッシングの融資を受けるとき、まずは金融機関側の審査を通る必要があります。消費者金融やカードローン会社は、融資をしたら返済してもらわなければ貸し倒しになってしまいます。そのリスクを軽減させるためには、信用できる人を顧客にしないと商売になりませんので、必ず審査が実施されます。

 

審査内容の1つに、属性スコアリングというものがあります。審査通らない場合には、信用情報などから返済状況や借り入れ実績などを確認して、貸し付けをすることが難しいと判断されます。その他に判断材料となっているのが、この属性スコアリングです。

 

属性スコアリングは、融資の申し込みを行いった人の仕事や雇用形態、勤続年数、年収、家族構成、住まいの形態、その住まいに何年いるか、加入している健康保険証の種類などです。スコアリングというくらいですから、これらの要素が点数として加算され、その人の評価が行われているのです。

 

例えば、仕事のスコアリングで一番高得点なのは、公務員です。次が会社員ですが、大手企業、中小企業、零細企業とランクづけがなされています。その次は自営業、アルバイトやパート、無職の順番です。アルバイトやパートはキャッシングの審査通らないと最初からあきらめてしまう方もいますが、安定収入を得ている人が申し込み条件ですので、その条件を満たしていれば借り入れができる可能性が高いでしょう。スコアリングでは無職が最後となっていますが、ほとんど審査通らないようです。

 

同じ勤務先でも、雇用形態によってスコアリングの点数が違ってきます。やはり、一番手堅いのは正社員です。次が契約社員、派遣社員の順番で、そのあとにアルバイトやパートとなります。雇用形態だけを比較してスコアリングが高いとしても、実は審査の基準はそのまま反映されるわけではありません。派遣社員やアルバイトという雇われ方でも、勤務先が一流企業だとその分キャッシング審査の評価は高くなります。雇用形態だけで自己判断をしてキャッシングをあきらめているなら、まずは申し込みだけでもしてみてはいかがでしょうか。

 

勤続年数は、長ければ長いほどスコアリングの点数がアップします。審査通らない場合、もしまだその職場で働くようになって半年経っていないなら、そのことが原因の一つかもしれません。半年以上経つと、融資を受けられる可能性がでてきます。半年超えてから、ぜひ再チャレンジしてみてください。

 

 

キャッシング利用経験がない方が審査に有利はウソ!

カードローンや消費者金融でキャッシングをするとき、申し込み者の利用状況が審査されます。もしすでに他社から借入をしていて、返済がとどこおっていたり複数の会社を利用していたりすると、審査通らない可能性が当然高まってしまいます。ということは、これまで一度もキャッシングをしたことがない人が、一番審査に有利ということになるのでしょうか。

 

キャッシングをした経験がないからといって、一番いい顧客だと見なされるわけではありません。カードローン会社や消費者金融から見ると、高い返済能力があり、何回も借入をしてくれる人が最もいい顧客だからです。キャッシングは、審査に通って利用し始めたら、限度額の範囲内なら改めて審査を受けなおさなくても、何回でも借入をしたり返済をすることができます。長期的に何回も融資を受け、そのたびに期限を守って返済をしてくれることが、貸し付けをする側にとっては理想的です。このような理由から、キャッシングがまだ一度もない人が一番審査に有利というわけではありません。

 

審査でこの判断をするとき、カードローン会社や消費者金融は信用情報を照会しています。信用情報スコアリングと呼ばれるもので、現在他社から融資を受けているか、融資を受けている場合はその会社の数と借入の総残高などが確認されます。

 

取引実績の項目で一番スコアが高いのは、4回以上の方です。次が1回〜3回の方、最後がキャッシングを始めて利用する方の順番になります。信用情報スコアリングを見ても、キャッシング利用経験がない人が決して審査に有利なわけではないことがわかります。

 

キャッシングの利用期間の項目では、今現在借入がある方とこれまでに融資を受けていたことがある方が対象となります。利用期間が2年1カ月以上の人が最も高スコアで、次が7カ月〜1年、最後が半年未満の順番です。この項目でも、やはり利用経験がない人のスコアが低い結果となりました。

 

キャッシングは担保や連帯保証人の用意が必要なく、申し込み者の信用に対して貸し付けが行われます。そのため、信用できる人だという実績を作るためには、ある程度利用してしっかり返済することを繰り返すことが効果的です。もしまとまった資金が必要で、初めて申し込みをしたときには希望額にとどかなかったという方は、実績を作ってからもう一度審査の要請をしてみてはいかがでしょうか。信頼度がアップしていることで、一回目より高いスコアがついて利用限度額アップが期待できるかもしれません。

 

 

キャッシングの事故情報って何?

カードローンや消費者金融で融資を受けるときは、毎月の期限にきちんと返済をしていくことが利用を続けていくにあたってとても大切です。今借入をしている金融機関とは別に、他社で新規の申し込みをする場合も、これまでの利用実績は信用情報機関から提供されるデータによってチェックされてしまいます。

 

信用情報は申し込み者に関する多くの個人情報を照会できるのですが、審査に通らない場合に原因として考えられる項目が事故情報です。事故情報にはさまざまな内容があるのですが、例えば融資を受けたお金を返済することができずに債務整理を行った場合、そのことが信用情報に5〜10年もの長期に渡って残ってしまいます。

 

債務整理とは、自己破産、特定調停、個人民事再生、任意整理のことです。夜逃げをして返済を免れた場合、失踪宣告が裁判所からだされれば、そのことも事故情報に加えられます。もしキャッシングの申し込みをして審査通らないというとき、これらの事故情報に思い当たる節がないか振り返ってみてください。もし身に覚えがなければ、他に考えられる原因を見直していきましょう。

 

キャッシングをした当初はしっかり返済計画を立てていても、ときには急にお金が必要になり、返したくても返せなくなることもあるでしょう。病気やケガをしたり、交通事故などに遭ったり。本人はなにも起きていなくても、家族が事故に遭遇したり病気を発症して費用が必要になることもあります。返済期日を守ることができず、返すまでに3カ月以上経過したことがあると、そのことが事故情報として載ってしまいます。

 

病気や事故などのやむを得ない事情ではなく、ただ返済期日を忘れるなどということは、自分で回避できる事故情報です。そのようなことが起きないようにしていけば、他社から借入したくなったとき、審査に通りやすくなるでしょう。

 

お金が必要になってカードローンや消費者金融に申し込みをしたら、特に断られる理由に思い当たることがなくても審査に通らないことはあります。他社なら大丈夫なのではと次から次に申し込みをしたくなりますが、そんなときは一度落ち着いて、審査に通らなかった原因を考えてみてください。

 

というのは、1カ月の間に立て続けに3社以上のキャッシングで審査落ちしてしまうと、他社で審査に通る確率が格段に落ちるからです。一度こうなってしまうと、半年は信用情報に残ってしまい、審査に影響がでてしまうと考えられています。冷静に立ち止まって考えてみれば、原因が見つかるかもしれません。そのときは原因を改善して、確実な融資につなげていきましょう。

 

 

キャッシングの審査に通らないことを防ぐために自分でできること

キャッシングの申し込みをしたら、どの会社でも必ず審査が実施されます。審査を通過しないと融資を受けることができないのですが、審査をクリアするために自分で努力できることと、自分ではどうにもできないことの2種類があります。なにが自分でできるのかを知ることによって、審査に通らないという事態を回避しましょう。

 

キャッシングの審査では、職種や雇用形態、月収などの属性スコアリングと呼ばれるものと、信用情報機関で申し込み者についてのデータが照会できる信用情報スコアリングの2種類が判断材料になっています。

 

信用情報スコアリングとは、これまでに他社で融資を受けていて、毎月の返済日をきちんと守ってきたか、債務整理を行っていないかなどの履歴から点数(スコア)を付けたものです。貸し付けをするからには、融資をしたお金が返済されなければ貸し倒しになって損失を生んでしまいます。そのようなことにならないために、申し込み者が信用できる人であることを審査してるのです。

 

職種や雇用形態を借金のためだけに変えるというのは困難ですが、信用情報スコアリングの内容なら、毎月の返済日を守るなどしてコツコツスコアを高めることが可能です。金融機関から信用されるようにしていくことで、いつお金が必要になっても困らない備えをしていきましょう。

 

そのためにできることがいくつかあります。まずは、信用できるという実績を作るために借入をして、毎月の返済を確実に守っていくことです。返済日は、ちょっとぐらい待ってくれるだろうと、ついつい2〜3日先延ばしにしてしまいそうになりませんか。しかし、信用実績を作ることが重要なので、そのようなことがないよう必ず期日を守ってください。

 

複数の会社から融資を受けている場合、総額を減らすより借りている会社の数を少なくした方が審査に好印象になります。これらのことは自分でできますから、今日からでも意識変革をして取り組んでみてください。

 

更新履歴