3つのキャッシング審査が通らない原因

3つのキャッシング審査が通らない原因とは

キャッシング審査が通らないなら、その原因を知り改善させなければ同じことの繰り返しになります。

そもそも審査落ちする原因とはどのような要素なのでしょう。
メガバンクや大手消費者金融から中小の金融業者まで、共通すると考えられる主な原因を3つご紹介します。

 

多重債務をしているかどうかが1つ目です。
必要な金額を借入するために、一社から全額を借りられればその分高い信用があるとみなされます。
しかし、あちこちの金融業者から少しずつ借金をしている利用者だとわかると、一社あたりで融資可能な金額が少なく、その程度の低い信用度しかないと思われてしまうのです。
借金の総額が多いくても借入件数が少なければいいのですが、多くの業者から借り入れをしているとそのことが審査に不利に働いてしまう可能性があります。

 

しかし、多重債務をしているからといって、何も策がないわけではありません。
おまとめローンで一本化すれば、利用している金融機関は1件のみにできるからです。

 

2つ目は、金融ブラックであるかどうかです。
銀行や消費者金融などに融資の申し込みをすると、個人信用情報機関のデータベースが確認されます。
現在何軒の他社からいくらの融資を受けているか、これまでに返済が何カ月も遅延した、貸し倒しした、債務整理をしたなどの金融ブラックを起こしていないかなどが明らかになります。

 

都市銀行や大手消費者金融などの審査では、金融ブラックだというだけでキャッシング審査が通らないことが一般的です。
しかし、中小消費者金融は債務整理をした方などでも、現在はしっかり返済日を守っているなどという場合は、貸し付けを行うことも多くあります。
確かに金融ブラックにならずにすめば一番理想的ですが、そうなってしまったからといってあきらめたり、ヤミ金に手を出す必要はありません。

 

3つ目に考えられるキャッシング審査が通らない原因は、融資希望額が大き過ぎる場合です。
申し込みフォームにはいくらの融資を受けたいか、希望額を申告する欄があります。

 

申し込みをしたところが消費者金融の場合、貸金業法が適用されることから、年収の3分の1を上限とする範囲内でしか貸し付けができないという法律(総量規制)になっています。
この上限を超える希望額を申請していると、キャッシング審査が通らないでしょう。

 

総量規制は全ての金融機関が対象ではありませんので、関係がない銀行カードローンなどでしたら多額の希望額が審査に通る可能性はあります。
思い当たる場合は、申し込んだ希望額と年収の割合を比較して、原因の可能性があるか確認してみてはいかがでしょう。