審査 事故者リスト

審査で見る事故者リストがあるってホント?

金融機関で融資の申し込みをするとき、貸したお金がしっかり返済されるかを見極めるために審査が行われます。
審査はそれぞれの金融機関が行うものですが、判断材料の一つとして事故者リストを参照しているというウワサがあります。
そもそも本当に事故者リストは存在しているのでしょうか。

 

ウワサで事故者リストと呼ばれているものの正体は、恐らく個人信用情報機関で閲覧できるデータのことでしょう。
個人信用情報機関は国内に3カ所あり、銀行、消費者金融、クレジットカード会社などは必ずどこかに加盟しています。

 

個人信用情報機関のデータベースは申し込み者に関する情報だけを閲覧できることになっており、過去にどのくらいの借入れをしたことがあるか、返済はとどこおっていなかったかなどが分かる重要な内容です。
返済期日に遅れてしまうことはあるかもしれませんが、数日程度ならともかく3ヶ月以上に及んでしまうと信用情報に載ってしまいます。

 

自己破産や任意整理、特定調停、個人民事再生の債務整理を行っていると、そのこともわかるようになっています。
しかし、いつまでも永遠に登録されているというわけではありません。
信用情報機関にもよるのですが、5年や10年といった長期に渡って残り、その期間を過ぎるとデータは抹消されます。

 

こんなことを正直に申告したらキャッシング審査が通らないのではとウソの申告をしようものなら、個人信用情報機関で知られてしまいますので、むしろ正直に伝えた方が好印象です。

 

お金が必要になったとき、審査落ちを恐れて結果を待たずしてあちこちの金融機関に申し込みをしたくなるかもしれませんが、それは審査にマイナスに働きますのでやらないようにしてください。
1ヶ月の間に3カ所を上回る申し込みをしてしまうと、審査落ちするといわれているからです。
これは、3カ所あるどの個人信用情報機関でも共通しています。
短期間に3カ所を超える手続きをしたら、そのことは信用情報に6ヶ月間残り続けます。
掲載されている間は審査に通りにくくなりますので、十分注意しましょう。