キャッシング審査落ちた

キャッシング 審査落ちた

  1. キャッシングで審査落ちたら原因を見直そう!
  2. 申込みブラックが原因でキャッシングの審査落ちたら
  3. 保証会社が原因でキャッシングの審査落ちたら
  4. キャッシングの審査落ちたらアローなどの中小消費者金融
  5. 個人信用情報機関が原因でキャッシングの審査落ちたら

キャッシングで審査落ちたら原因を見直そう!

月末の給料日までまだ何日もあるというとき、緊急で銀行系カードローンや消費者金融系キャッシングに申し込んだという体験談をお持ちの方は多いのではないでしょうか。
こうした体験者の方全員が、必ずしも借入れできるとは限りません。
申し込みをした方の中には、「A銀行の審査落ちた」「希望融資額より少額でしか可決されなかった」などという方も少なくないはずです。

 

こんなとき、大金持ちの親がいて簡単にお金をくれたり、稼ぎのいい配偶者がいるという人にとっては、金融機関の審査落ちなどどうでもいいことでしょう。
しかし、自分の力でなんとかしなければならないのに審査落ちた場合には、まずそうなった原因を知ることが重要です。
適切な対応を取ることさえできれば、融資を受けられる可能性がでてきます。

 

金融業者に申し込みをするとき、まず名前や生年月日、勤続年数などの個人情報を申告します。
金融会社はその情報を元に審査を開始しますが、最も重要視されるのが、安定した収入があるかということです。

 

融資をしたら毎月の返済が待っていますので、とどこおることがないようその申込者について信用情報会社に問い合わせをします。
債務整理をしていたり、すでに他の貸金業者の利用者であり返済の延滞がある場合は、個人信用情報機関にそれらの金融事故情報が登録されていますので、審査に影響して審査落ちたりすることも当然考えられます。
これは銀行カードローンでも消費者金融業者キャッシングでも、大手になるほど審査に不利に働きます。

 

ブラック情報の表面的な部分だけで判断せず、過去がどうであろうと現在の返済能力の
有無を審査し評価してくれるのは、大手消費者金融より中小消費者金融です。
申し込み情報をもとに審査を行い、勤務先に在籍確認をするなどは共通していますが、中小消費者金融は独自審査です。
過去に債務整理をしていたとしても、現在返済能力が十分だと判断できれば、その能力の範囲内での金額が可決されます。

 

審査落ちた金融会社にどうして融資が受けられないのか問い合わせをしても、回答をしてくれるところはありません。
原因がわからないのに改善しようがないと思われるかもしれませんが、もしかしたらキャッシングにおいてまだ知らない知識もあるのではないでしょうか。
例えば、貸金業法の総量規制についてです。

 

消費者金融や信販会社で借り入れをした金額、さらにクレジットカードのキャッシング枠の利用額は、貸金業法の総量規制の対象となります。
これらの総額が年収の3分の1までしか、貸金業者は貸し付けできないという制限になっています。
銀行カードローンは総量規制の対象外ですので、借金があっても含める必要はありません。

 

キャッシングに申し込みをしたとき、他社から融資を受けていて借入残高が年収の3分の1に達していたという場合は、審査落ちしてしまいます。
まだ3分の1まで達していなくても、近ければ融資をしてすぐに達してしまう可能性が高いので、この場合も審査が通りにくい傾向があります。

 

もし、審査落ちた原因がこのことではないかと思われるようでしたら、貸金業者ではなく銀行カードローンに申し込みをするなどの対策があります。
ただ、貸金業者ではない銀行カードローンであってもあまりに借金がかさんでおり、現在の借入残高と収入のバランスから、これから融資をしたところで返済が困難なのではと判断されてしまえば、審査に通りません。
借金を減らすために、借り換えをしておまとめローンで一本化するなどを検討してみてはいかがでしょうか。

 

▲メニューに戻る

 

申込みブラックが原因でキャッシングの審査落ちたら

キャッシングをするのが初めての方などは、まだあまり知識がないことが原因で審査落ちたりすることがあります。
知らないうちに「申込みブラック」になっていたということも、その原因の一つです。

 

申込みブラックは、金融機関で全く借金をしたことがない人でもなってしまう可能性があります。
申込みブラックになってしまったら、新規でキャッシングの申し込みをしてもなかなか審査に通ることがありません。
知識がないために審査落ちたらショックですよね。
どうしたら申込みブラックになることが避けられ、もしすでになっていて審査落ちた場合にはどうすれば解決できるのか、基本的な知識を身に着けておきましょう。

 

銀行カードローンや消費者金融キャッシングなどに申し込みをすると、まだ契約をしていなくても個人信用情報機関というところにそのことがデータとして登録されます。
このデータは決して永遠に保管されるわけではなく、一定の期間が過ぎると抹消されるのですが、それでもある期間はデータベースにあり、申し込みがあればその金融機関が照会することが認められています。

 

個人信用情報機関にデータが登録されていることだけでは全く問題ではありませんし、むしろある程度の年齢の大人になれば、普通の生活をしていれば登録がある方が自然です。
問題になるのは自己破産などの債務整理をしていたり、期限内に借金を返さず長期延滞している場合などで、新規のキャッシングの審査落ちにつながります。

 

申込みブラックは、債務整理や長期延滞などをしていない人でもなってしまうことがあります。
にもかかわらず、キャッシングの申し込みをして審査落ちたりするなんて当事者の方は納得がいかないでしょうが、金融機関側は「あやしい」と疑いを抱いてしまいます。

 

申込みブラックには、短期間のうちに何カ所もの金融会社に申し込みをして断られるとなります。
「短期間に何カ所も審査を受けて落ちてしまうなんて、どこか問題がある人なのだろう」と疑いをかけられるようです。
どのくらいの期間に何カ所という具体的な数字は明らかになっていませんが、1カ月間に3カ所以上でアウトだと考えられています。

 

ですから、申込みブラックにならないためには、1カ月に申し込みをするのは2カ所以内にとどめることを守ってください。
すでに申込みブラックになっている可能性が高いと思われるようでしたら、最後の申し込みから6カ月経つと個人信用情報機関のデータベースから抹消されますので、次の手続きはそれまで待ちましょう。

 

近頃は駅の近くなどいい立地に金融機関の自動契約機が設置されていますので、気軽に立ち寄って申し込みしやすいことから、短期間に複数の申し込みをしやすい環境が整ってしまっています。
これに加えて、ほとんどの大手金融会社はインターネットから24時間いつでも申し込みが可能になっていますので、家から一歩も移動しなくても多数の業者に申し込みが可能になっています。

 

これらの要因も申込みブラックの引き金になっているように思えますが、とはいえ今できることはキャッシング審査に通過し融資を受けるための改善策です。
申込みブラックに関しては、上記でお伝えした2つのどちらかの対処法で手を打つことができますので、思い当たる方は実践してみてください。

 

▲メニューに戻る

 

保証会社が原因でキャッシングの審査落ちたら

キャッシングを利用したことがない方やあまり詳しくない方は、保証会社の存在をご存じないかもしれません。
銀行カードローンの公式ホームページなどを見てみると、保証会社がどこなのか掲載されていますので、申し込みをする前に誰でも確認することが可能です。

 

銀行はカードローンでたくさんの利用者に融資をしていますが、毎月の期日に貸したお金を返済しない人ばかり出てきたら、運営し続けることができなくなってしまいますよね。
そうなったら心配でカードローン商品を扱っていくことができなくなってしまいますが、返済されなくなったとき保証会社が肩代わりしてくれるので、銀行は心配せずに運営を続けていくことができます。

 

返済が滞って保証会社が肩代わりしてくれたら、カードローン利用者がこれから返済する相手は銀行ではなく保証会社へと代わります。
保証会社はしっかりと返済能力を有する人にカードローンのお客様になってもらいたいので、銀行カードローンの審査は実は銀行ではなく保証会社が行っているということです。

 

このような性質から、保証会社は融資のノウハウを持った企業であることが重要です。
いろいろな銀行カードローンの保証会社を調べてみると、アコム株式会社やSMBCコンシューマーファイナンス株式会社(プロミス)、オリックス・クレジット梶iクレジット・信販系)などの名前が並んでいます。

 

キャッシングの審査落ちた方は、保証会社を確認してみることをおすすめします。
例えば、アコムは保証会社として三菱東京UFJ銀行のバンクイックという銀行カードローンについていますが、他にもじぶん銀行カードローンとセブン銀行カードローンも手掛けています。

 

これまでアコムを利用したことがあり、そのときに長期延滞をしたり債務整理をしているという場合、保証会社の銀行カードローンの審査にも影響するかもしれません。
個人信用情報機関のデータは、長期延滞などの事故情報が登録されても、5年など一定の期間が経過すれば抹消してなくなりますが、自社内のデータベースに資料として保管しておくことは可能なんです。

 

ですから、信用情報の上では審査落ちたりする要因がない場合でも、保証会社がどこかによっては審査結果に過去のことが反映されてしまうことも考えられます。
キャッシングの審査基準などはさまざまですが、上記3つのカードローンは同じアコムが審査をしていますので、ある程度はアコムとしての審査ノウハウや社内データが結果に反映されるはずです。
もちろん、その銀行の考え方やカードローンへの取り組み姿勢が審査に影響しているでしょうが、最終的に保証会社が肩代わりするということで、決定権が大きいことが予想されます。

 

1つの銀行カードローンに対し保証会社は1カ所のみというわけではなく、アコムのように1つの保証会社が複数の銀行カードローンを担当していることがあります。
申し込みの前には確認し、少しでも審査に通る期待が持てるところを選んだ方が無難ではないでしょうか。

 

▲メニューに戻る

 

キャッシングの審査落ちたらアローなどの中小消費者金融

キャッシングに申し込みをしたけれど審査落ちたという方の中には、まだ大手しか手続きをしことがないという方も多いのではないでしょうか。
お金を借りたくなったときにすぐに浮かぶのは、テレビCMなどで耳馴染みのある大手の銀行カードローンや消費者金融になりがちですが、大手だけが全てではありません。

 

特に、これまで利用していた金融業者で長期延滞をしているなど、審査で引っかかりそうな要因に思い当たる場合は中小消費者金融の相談した方がいい結果が期待できます。
ただ、中小消費者金融も貸したお金が返ってこないようでしたら、貸し倒れになって損失を受けることになります。
それでは経営に影響しますから、審査がしっかり行われ、返済能力があると判断された方に融資されることになります。

 

例えば、愛知県に本社がある株式会社アローの場合、以下のような申し込み条件があります。
(ちなみにアローはインターネットで中小消費者金融を調べるとよく登場している業者ですので、闇金の心配はありません。)

 

まず、アローのご利用には年齢制限があり、未成年または66歳以上の方は契約できません。
現在の職業が無職の場合は、申し込みができません。
自営業者の方はアローで融資を受けることができるのですが、確定申告等年収証明の提出が不可能な場合は申し込みができません。
健康保険に加入していない方も、契約できません。
すでに他社から借り入れをしていて、返済を滞納している場合は、アローで審査落ちしてしまいますから、返済してから申し込みをするようにしましょう。

 

中小消費者金融は審査が甘いと思われるかもしれませんが、このようにしっかり審査が行われていますし、きちんとした会社です。
大手とは違って機械ではなく人が審査にあたっていることから、柔軟に対応してもらえる期待ができますが、可決しても希望融資額に達しない可能性もあります。
とはいえ、必要なお金の一部でも用立てることができれば、随分とラクになるのではないでしょうか。

 

中小消費者金融は全国的に社名が知られていなくても、地域に根付いて長く運営されてきた老舗が各地にあります。
インターネットからの申し込みを受け付けているところの中には、全国どこからでも取引できるところが多いので、一度検討してみてはいかがでしょう。

 

アローの場合はインターネット、郵送、FAXから申し込み受け付けを行っており、電話では対応していません。
わからないことがあれば電話で相談したり問い合わせできますので、不安なことなどがあれば聞いてみてください。

 

▲メニューに戻る

 

個人信用情報機関が原因でキャッシングの審査落ちたら

本来であれば、キャッシングの審査落ちたら原因だと思われることを改善していくのが一番です。
しかし、中にはさしあたって審査に落とされるような原因が思い当たらないという方もいらっしゃることでしょう。
そんな場合は、日本に3カ所ある個人信用情報機関に情報開示の請求し、ご自身に関するデータの内容を見せてもらうことをおすすめします。

 

個人信用情報機関とは、キャッシングの金融機関などが申込者について審査をするときに照会するところです。
現在他社から借り入れしているか、している場合は返済が遅延しているなどの金融事故を起こしていないかなど、審査に関係することを確認しています。

 

クレジットカードを利用していたり、スマホや携帯電話の端末機器を24回の分割払いで利用しているという方は多いので、個人信用情報機関にデータがある人がほとんどです。
データがあるだけで審査落ちたりはしないのですが、長期延滞をしていたり、債務整理などの情報があると問題になります。
貸したお金が返ってこないリスクが高いと判断されることにつながりますので、可決しない可能性がアップするのです。

 

個人信用情報機関は、JICC、CIC、KSCの3カ所です。
申し込みを検討しているキャッシング会社の公式ホームページを見ると、どこの個人信用情報機関に加盟しているかなど知ることができます。
1カ所だけのところもあれば、2カ所のところもあります。

 

JICC(日本信用情報機構)は、消費者金融業者や信販会社が加盟しているところです。
CIC(シー・アイ・シー)は、信販会社やクレジット会社が加盟しています。
KSC(全国銀行個人信用情報センター、または全銀協信用情報センター)は、銀行や農協、信用組合、信用金庫などが加盟しています。

 

情報開示をしてもらい、全くデータが登録されていないにもかかわらずキャッシングの審査落ちたという場合には、スーパーホワイトが原因かもしれません。
30代や40代などのある程度の年齢になると、多少は信用情報機関に記録が残っている方が自然なのですが、全くないとスーパーホワイトで怪しいと思われ、審査落ちにつながります。

 

スーパーホワイトでなくなる方法は、なにか利用してきちんと返済し、クレジットヒストリーを作っていくことです。
例えば、分割払いでショッピングをするなどでしたら、短期間で完済できるコースを選ぶことにより、早くスーパーホワイトでなくなることができます。
実績を作ればスーパーホワイトの問題は解決できますので、ぜひ実践してみてください。

 

▲メニューに戻る