キャッシング審査通らない 信用情報

キャッシング審査通らない 信用情報

何かとお金を借りるという事は信頼関係を重視するので信用出来ない人に対しては大抵審査で落ちる結果となります。

 

ですのでお金を借りたいと思うのであれば消費者金融にせよ銀行にせよカードローン全般、クレジットカードなども含めて自分の信用情報機関に事故情報が登録されていないかどうかを把握しておく必要性があるでしょう。

 

これがわかっていないと審査に通らない確率が高くなるし10万円借りたいと思った時にすぐにお金が借りれない。
融資が受けられないという事になってしまいます。

 

お金を借りるという事は返済を必ずする事が前提、つまりキャッシング審査において重要なのは自分の年収とかも大事ですけれど、過去に債務整理をしていないかどうか返済トラブルや他社延滞などで迷惑をかけていなかったなどが結構大事だったりするようでした。。

 

消費者金融であれば総量規制があるので他社借入が多い人だとお金が借りれないというのも実は過去の返済事故から出来た制度だったりしたんですよ。

 

だから今の時代では年収の1/3以上の借り入れが出来ない総量規制が厳しく義務付けられており、貸し倒れがないようにする為に審査も厳しくなったと言えるでしょう。

 

よって信用情報に事故があるかないかは絶対知っておくようにして下さい。
又総量規制も気をつけて申し込みするようにしましょう。

 

お金が借りたい時にこれらが原因で審査に通らないとなれば即お金が借りたい時に本当に不便です。

 

これは銀行や消費者金融だけでなくクレジットカードも共通している事ですので、どれか一つでも金融機関に事故があればお金が全然借りられない審査に通らない属性になっている可能性が高いと覚えておいて下さい。

 

ちなみに借金を一本化にするなど債務整理とは違う方法で借金問題は解決された場合、ブラックにはならないので事故情報として登録される事はありませんでしたから、もしお金を借りたいけれど借金が多く総量規制にひっかかるかもとか債務整理したらブラックになるから嫌だなと思っている場合、おまとめローンを利用すれば事故情報として扱われないので安心して申込しておきましょう。

 

信用情報に問題が無ければ又働いている年収などで返済能力が強い方であれば、審査に通らないなんて事もきっと減ってくる事だと思いました。

 

「キャッシング審査通らない信用情報」の続き>>キャッシング審査落ち 信用情報