消費者金融通らない

消費者金融通らない

消費者金融通らない 関連記事





消費者金融通らない 審査

消費者金融に申し込んだのにカードローン審査に通らないで否決されたらショックだと思います。
あなたにはお金を貸すだけの価値のない人間だといわれたような気さえしてしまいます。

しかし、消費者金融の審査に落ちる人は意外と多いんですよ。
大手消費者金融会社のアコムやプロミス、アイフルなどの審査通過率は40%台の後半です。
半数を切っているので、落ちたからといってそんなに落ち込まないでくださいね。

さて、審査に落ちた理由は何なのでしょうか?
理由が分かれば進歩していけると思うのですが。
考えられる一番多い原因は、個人信用情報機関に債務整理や延滞などの金融事故情報が記載されていたということです。
一度記録されると長い場合は5年〜10年もの間、金融機関の審査に通らなくなってしまいます。

最近では携帯電話の端末代を延滞して、自分でも気が付かないうちにブラック者になっている人もいるので注意が必要です。
他に考えられるのは、他社借り入れが多い人です。他社借入が4件〜5件以上あると審査に通らないと思います。
また、他社からのキャッシング合計額が年収の三分の一の額を過ぎると審査に通りません。

これは総量規制という法律で決まっているので、即審査落ちです。
それ以外で考えられるとすれば、属性の問題です。 職業に貴賤なしとはいうものの、貸金業の世界では自営業者の場合は審査に通りにくいといわれています。

理由は安定性がないということだそうです。
消費者金融の場合はアルバイトでもパートでも収入が安定している場合は審査に通るといわれています。
正社員でも勤続年数が1年未満では審査に通らない場合があるようです。
色々書きましたが思い当たる理由はありましたか?

一か所で落ちたからといって、他社でも全て落ちるとは限りません。 違う消費者金融の試し審査をされてみてはいかがですか?ホームページから簡易審査ができると思います。
それで可決となれば本審査に申し込んでみるといいのではないでしょうか。

ただ、短期間に何社にも申し込んでしまうと今度は申し込みブラックとなって、審査落ちの原因となるので申し込みすぎには注意してください。
他の方法として考えられるのは、キャッシング審査が甘い中小消費者金融であれば審査に通る可能性があるでしょう。

中小では多少信用情報に難があっても、毎月安定した収入があれば返済能力があると判断して融資してもらえる場合があります。
中小の利用者の殆どは大手消費者金融や銀行カードローン審査で落ちた人達なのです。

もし中小でも審査落ちしまった場合は、そうとう困った状態なのではないかと判断できます。
借金問題で困っているときは、借金専門の弁護士に相談するという方法もあります。
まずは無料匿名相談を利用して話を聞いてもらってみてはいかがでしょうか。


▲TOPにもどる



消費者金融通らない 銀行カードローン

消費者金融の申し込み審査に通らない場合でも銀行カードローンに審査申し込みすれば可決されることはあるのでしょうか?
それはなかなか難しいことではありますが、可能性がゼロではないと思います。

消費者金融では総量規制により、年収の三分の一以上の融資はできませんが、銀行カードローンは総量規制対象外なので原則、年収に関係なく融資することが可能です。
利用者がすでに消費者金融で年収の三分の一の融資を受けていた場合、他の消費者金融に追加で融資を申し込んでも審査に通りませんが、銀行カードローンの場合なら理論的には融資可能だということになります。

しかし、実際は審査の厳しい銀行ではそれだけの他社借入額がある人を、なかなか審査に通さないと思います。
というのも、銀行の審査は保証会社が審査をしています。
A銀行にもB銀行にもC銀行にもそれぞれ保証会社がついていて利用者が返済できなくて貸し倒れた場合は保証会社が利用者の代わりに銀行に返済をするのです。

当然保証会社は貸し倒れがないように厳しい審査を行います。
他社借入の金額が多い人は信用力が低いと思われるので、厳しい結果になるのではないでしょうか。

しかしながら、もう一度違う銀行に希望を込めて申し込みのチャレンジをするとしたら、保証会社が違う銀行に申し込んでみたらひょっとしたら結果が違ってくるかもしれません。 例を出して説明すると、三菱東京UFJ銀行カードローンとセブン銀行カードローンは同じアコムが保証会社になっています。
どちらもアコムが審査するので審査結果は同じになります。
三井住友銀行カードローンはSMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)が保証会社になっており、審査するのは当然SMBCコンシューマーファイナンスです。
アコムとは違うキャッシング審査基準を持っているので違う結果になる可能性があるということです。
いずれにせよ、銀行ローンの審査は厳しいです。
あまり結果に期待はできないと思いますよ。

審査の甘い中小消費者金融に頼みたいところですが、中小消費者金融も同じく総量規制に従って融資をしなければいけないので、審査は否決となります。
こういった場合は、可能性がゼロではないにしても、残念ながら融資してくれるところはなかなか無いと考えたほうがいいのではないでしょうか。
クレジットカードのキャッシング枠が残っているのなら、それでキャッシング利用するのがいいと思います。

もし、借金返済のためのお金を借りようとしているのであれば、すぐにでも借金専門の弁護士に相談してほしいと思います。
借金の自転車操業は危険です。
プロに相談することで解決できる方法が見つかると思うので、とりあえず無料相談を利用してみて話をしてほしいと思います。


▲TOPにもどる



消費者金融通らない 総量規制

2010年に貸金業法が改正されて総量規制が施行されました。
それによって、ほとんどの消費者金融では専業主婦は審査に通らなくなってしまいました。
消費者金融で専業主婦がお金を借りる場合、法律上では配偶者貸付といって配偶者の年収の三分の一までの借入が可能なのですが、必要書類として配偶者の同意書と収入証明書、婚姻関係を証明する書類の提出が義務付けられました。

しかし、必要書類の多さとその処理にかかる手間と利益を考えると割に合わないということで、専業主婦への貸付自体を止めてしまった消費者金融が殆どとなってしまったのです。
それに対して銀行では総量規制の対象外ということもあり、専業主婦も申し込み可能としている銀行カードローンは結構たくさんあります。
利用限度額は30万円〜50万円とあまり高くはありませんが、主婦のお小遣いと考えれば十分すぎる額だと思います。

専業主婦に関して言えば、消費者金融では審査に通らないことが多いので、専業主婦にも融資可能となっている銀行カードローンを探して申し込むことを提案します。
代表的な銀行としては楽天銀行カードローン、みずほ銀行カードローン、三菱東京UFJ銀行カードローンなどが専業主婦も申し込み可能となっていますが、他にもたくさんあります。

もう一つ総量規制の関係で消費者金融や信販会社などの貸金業者では、個人への貸付に限って利用者の年収の三分の一以上の融資ができなくなりました。 個人がカードローン申込みした時点で他社でいくらまでの借入をしているかなどといった個人情報は、審査項目の中の信用情報の照会ですぐにわかります。
また、総量規制には対象外があって住宅ローンや自動車ローンなどがそれにあたります。また、まとめローンや借り換えローンは例外となっています。

この法律は、過剰な貸し付けが原因で自己破産に陥ってしまう人をなくすことを目的で作られました。
年収の三分の一以上の借入を希望する人は銀行であれば総量規制の対象外なので、カードローン審査通過さえすれば年収に関係なく借入限度額が決まります。
銀行では貸金業法ではなく銀行法という法律に基づいて営業しています。

消費者金融に借入を申し込んでも、総量規制が原因で審査落ちした場合は、銀行に申込みすればひょっとしたら借入できるかもしれないということです。
はなから大きな金額の融資を受けたいときは銀行カードローンに申し込みするといいということでもあります。

しかしながら、銀行は審査が厳しいので信用情報がクリーンで属性に自信がある人でないと審査に通るのは難しいかもしれません。
審査が甘い中小消費者金融も総量規制に準じていますので、貸付はしません。
もし、どこからも借入ができなくて困っている場合は借金専門の弁護士に相談するという方法もある事を覚えておかれるといいと思います。


▲TOPにもどる



消費者金融通らない人

AC社などの大手銀行系消費者金融の審査に通らない人の場合、考えられる原因としては過去に金融事故を起こしていて信用情報にブラック情報が記録されているか、他社借入が多すぎるか、総量規制に引っかかっているのか、専業主婦なのか、安定した収入が無いのか、仕事自体していない無職なのか、勤続年数が短いか、自営業者など収入に安定性が無いのか・・ざっと考えただけでも色々原因がありますが、だいたいはこのうちのどれかだと思います。

消費者金融の審査に落ちたのならば、銀行カードローンに申し込みしても多分無理だと思います。
なぜならば、銀行カードローンの方が審査が厳しいからです。
銀行の場合は保証会社が厳しく審査していますので、総量規制に引っかかって審査落ちした人と専業主婦が理由で審査落ちしてしまった人以外では、審査に通る可能性は非常に低いと考えられます。

では、消費者金融の審査に通らない人はどこでならお金を借りることが出来るのでしょうか?
それは、審査が甘い中小消費者金融や街金であれば審査に通る可能性があると思います。
中小消費者金融や街金の審査は、信用情報などの照会はしますけれどもそれに多少の事故情報があっても、本人に毎月安定した収入があって返済能力があると判断すれば審査 に可決する可能性があります。

そういった独特の審査基準を審査が甘いと表現されているのだと思います。 当然ですが、勤務先への在籍確認の電話もありますし、本人確認書類の提出もあります。
審査内容によっては健康保険証や過去の給料明細などの提出を求められる場合もありますし、中には対面審査でブラックになったいきさつを聞いて、話し合いの中で融資額を決めるといった昔ながらの街金のやり方を引き継いだ中小消費者金融もまだ存在しています。

なので決して審査が緩い訳ではなく、柔軟に対応してくれるという言い方が正しいのではないかと思います。
ただ、中小や街金は金利が高く、法定金利の上限ギリギリまでとる業者が多いですし、審査に時間が掛かるところも多く審査スピードは遅いと思いますし融資額も低いことを覚悟しておかなければいけないでしょう。

当初希望していたような条件とは少し違うかも知れませんが、どうしてもお金が必要な人は中小へのカードローン申し込みも考えてみてはどうでしょうか。
もし、それでもお金を借りれる所が見つからない人は、もう借金をしてはいけない状態まで来ている人ではないでしょうか。

すぐ借金専門の弁護士に相談することを考えてほしいと思います。
債務整理にも色々な方法がありますので、プロに最善の方法を相談することをお勧めします。
まずは無料匿名相談を利用されてはいかがでしょうか。


▲TOPにもどる



消費者金融通らない 対策

消費者金融の審査に通らない人の中には審査対策をすることで、審査に通るようになる人もいるのではないかと思います。
例えば、他社借り入れが多すぎることが理由で審査落ちした人の場合。
体験談を元に判断すると、大手消費者金融では4社〜5社以上の他社借り入れがあると審査に落ちるといわれています。
そういう場合は一度まとめローンに借り換えをして、今ある借り入れを一本化することをお勧めします。
一本化することでの利点は多いものです。

まずは、一か月の中で何回も来ていた返済日が一回になって管理しやすくなる、ひと月の返済額が減る、返済利息が節約できるなどが考えられます。
借金というのは借入限度額が低いと金利は高く設定され、限度額が高い場合は金利は低く設定される仕組みになっています。

なので、限度額が低い借金を複数するより、限度額の高い借金一本にした方が支払う金利は低くなるのです。
借金を一本化することで、他社借り入れが多いという現実はなくなり、総量規制に抵触さえしなければ、新たに借入れを申し込んでも可決される可能性は出てくると思いますよ。

しかしながら、このように借金を増やしていくことが本当にいいことだとは私には思えません。 ただ、何かを買うお金が必要なのならば、親や兄弟に一度だけと頭を下げて借りることはできませんか?
それが一番いい方法だと思います。
もし、借金の返済をするために新しい借金をするような自転車操業状態になっているのであれば、そんなことを繰り返していたら、あっという間に多重債務者になってしまう のではないでしょうか。

このような人がいるのであれば、一度債務整理を視野に入れて借金専門の弁護士に相談することをお勧めしたいと思います。
債務整理を怖がる人は多いですが、色々な方法があります。

特に任意整理では、弁護士などの専門家に頼めば裁判所を通さないので、家族にも知られることなく手続きができる方法です。
債権者に交渉して元金だけをこれからも返済していくことになると思うのですが、負担はグンと減りますし、過払い金請求を同時に行うと元金の返済が無くなる場合もあるのです。
こういった、自分たちは知らない法律的なことを教えてくれるので、プロに相談することでプラスになることは多いはずです。
無料匿名相談もあるので、一度相談してみてはいかがですか?

▲TOPにもどる